イタチの捕獲をするなら専門業者に依頼しよう『害獣の攻略法』

作業者

住処で駆除方法も変わる

一軒家

屋内を住処としている場合

イタチの捕獲を業者に依頼した場合、まずは現地の調査から始めます。加害するイタチが屋内に住処を作っているかどうか調査する必要があるのです。屋内にイタチがいることが分かれば、その後捕獲するか、駆除するかどうかを決めます。イタチを捕獲する場合は、基本的にその地域の自治体から許可を受けなければなりません。その為、自分で捕獲しようとするときには事前に申請を出しておく必要があるでしょう。こうした申請には少し手間がかかる為、全て業者に任せた方がスムーズに捕獲することができます。屋内を住処としている場合、ノミやダニ等がその場所にまだ残っていることがほとんどです。その後の暮らしを考えるのであれば、しっかり消毒や殺菌までしてくれる業者を選ぶのがポイントです。

屋外に住処があるイタチは捕獲が難しい

屋内を住処としているイタチに比べて捕獲が困難と言われているのが、食べ物を探す為だけに住宅に侵入してくるイタチです。この場合、住処を特定することが難しい為、タイミングを見計らわなければ捕獲することが出来ないのです。その時には、住宅の周りに捕獲グッズを設置し、イタチが引っかかるのを待ちます。住宅に薬剤を使いたくないという場合でも、こうした捕獲方法を利用することが出来ます。幼い子供がいる家庭や、ペットを飼っている家庭等は薬を使わない方法を選択するのが良いでしょう。業者によって捕獲方法は違ってくるものです。要望がある場合は、依頼した時に伝えておくのが良いでしょう。