イタチの捕獲をするなら専門業者に依頼しよう『害獣の攻略法』

家

住処で駆除方法も変わる

一軒家

イタチの捕獲をする場合、屋内に住処を作っているイタチであれば比較的スムーズに捕獲できると言われています。それに対して捕獲が難しいのが屋外に住処を作っているイタチです。

View Detail

古来から生息する

イタチ

イタチの特徴

イタチは日本に古来から生息している哺乳類の一種で、胴と尻尾が長く、脚が短いのが特徴です。基本的に肉食となっており、元々はネズミや鶏等を食べていました。しかし、現在イタチのエサとなる動物が減少傾向にある為、最近では人間の住宅に侵入して果物や野菜を食い荒らすようになってきています。農村部などの作物被害も年々酷くなっています。その為、最近ではイタチも害獣の一種と捉えられ、駆除対象となっています。しかし、イタチを捕獲するのはそう簡単なことではありません。動きが俊敏な為、素人では簡単に捕獲することが出来ないのです。自分でイタチを捕獲する場合はイタチの特性を理解し、捕獲の時に使う道具を全て揃えることから始める必要があります。

被害は年々加速している

イタチの被害は、これまでであれば作物の食い荒らしが一般的でした。しかし、最近では住居内に侵入するといった被害も増えてきている為、人間への健康被害も多数出てきているのです。健康被害の1つがノミやダニの寄生によるものです。元々イタチに寄生していたダニやノミが、イタチが住宅に侵入することによって人間の居住空間を住処としてしまうのです。こうした寄生虫が原因でアレルギー症状を引き起こしてしまう人も少なくないでしょう。他にも、天井裏を住処としたイタチが排泄をして天井にシミが発生してしまうケースもあります。住宅被害から人間への健康被害までそのケースも様々なのです。そんなイタチの被害を食い止める為にも、発見した時には早めに捕獲して駆除する必要があります。

二次被害を防ぐ

男女

イタチを捕獲した後は、再び被害に遭わないようにする為にもその後の対策を万全に整えておく必要があります。清掃や消毒だけでなく、侵入口を封鎖なども重要なポイントとなります。

View Detail

業者の見極め方

和室

イタチの捕獲を業者に依頼する場合は、ポイントを抑えて優良業者を見極める必要があります。明瞭な料金で捕獲や駆除をしてくれる業者や、スタッフ対応が良い業者であれば信頼できるでしょう。

View Detail